嫌なお客さんが居るのも事実

窓拭き家事代行サービスを利用するお客さんは、家政婦さんのイメージもあり、仕事に忙しいがお金はあるという人達が多い印象を持ってしまいがちですが、全てがこの通りというわけではありません。現実には少し性質の悪いお客さんがいることも事実です。

そもそもなぜ家事代行サービスが成り立つのかというと、このサービスを利用する人が多いからであり、お客さんが普段から家事を得意としていないからこそ成り立ちます。つまり事実上家事ができない人がお客様になることも考えられるわけです。お客さんのお宅を伺ってみるとそこはゴミ屋敷のような場所だった、なんて話もあります。整理整頓ができずに必要な物も不要な物も部屋中に散乱している状態からのスタート、といったこともあり、一体何から手をつけて良いのやら不安になってしまうこともあります。

お客さんも家事代行の方が到着したら何かしらの指示をしてくれたら良いのに、性質の悪いお客さんだと全てまかせっきりになってしまうこともあります。自給制で雇っているのだから、さっさとやれと漠然とした指示を出されることもあります。料理や掃除にケチをつけられることもあるなど、嫌なお客さんが少数ながら居ることも事実なのです。